マンション・アパートなど集合住宅のオーナー必見!おすすめの宅配ボックス設置業者を厳選して紹介します。

必要なときに設置すればOK!折りたたみ式の宅配ボックスがおすすめ

公開日:2022/02/15  最終更新日:2022/01/17


最近は非接触で荷物を受け取れる宅配ボックスが注目されています。アパートなどに備え付けられているところもありますが、設置されていない場合は折りたたんで使える宅配ボックスが便利です。工事が不要で届いてすぐ使えるため、荷物の受け取りに悩む必要ありません。今回は折りたたみ宅配ボックスのメリットやデメリット、選び方を紹介します。

折りたたみ宅配ボックスのメリット

宅配ボックスは、マンションやアパートなどの集合住宅に設置されていることが多かったものの、コロナ禍の世の中で利便性や非接触で荷物を受け取れる点が重宝されて現在設置する家庭が多くなっています。戸建住宅では工事をして玄関と一体型にできる宅配ボックスもありますが、工事費も時間もかかるようです。マンションやアパートでは、そもそも自分の部屋だけに宅配ボックス設置の工事を行うのは難しいので、折りたたみの宅配ボックスが活躍するのです。

折りたたみ宅配ボックスの最大のメリットは、使わないときは家の中にしまっておけるということ。折りたたみ宅配ボックスとはその名のとおり、折りたためる宅配ボックスなので、容量が70リットル以上あるような大容量のボックスでも、コンパクトにまとめられるアイテムです。もちろん出しっぱなしにしておいても問題ありませんが、雨風にさらされたり玄関の場所をとったりしてしまうことを考えると、使わないときはしまっておけると安心でしょう。

組み立てるときもたたむときも簡単に行えて、保管場所を取らないのでアパート住まいで玄関が狭いという方にもおすすめです。毎日何かしらの配達があるという方は出しっぱなしにしておく方が便利かもしれませんが、月に数回程度しか荷物の受け取りがない方などは、コンパクトにできる折りたたみ宅配ボックスが向いているでしょう。

折りたたみ宅配ボックスの選び方

折りたたみ宅配ボックスを選ぶ際のポイントは主に3つで、まず1つ目は容量やサイズです。

折りたためる宅配ボックスの容量は、50〜70リットル程度が主流となっています。最大でも75リットルまでのアイテムが多く、具体的に入れられる荷物は大型の宅急便が入る大きさです。宅配ボックスに荷物が入らなければもちろん入れてもらえず、再配達になってしまうこともあるので、普段注文する商品を参考に容量を選びましょう。

ただし、容量だけを気にしてあまりに大きすぎると自宅のドア前におさまらないという自体も発生します。とくにアパートなどの集合住宅の場合は、注意が必要です。宅配ボックスの容量と、自宅の玄関に設置できる大きさの両方をしっかり確認しましょう。

2つ目は、防水性が高いかどうかです。宅配ボックスは基本的に外に設置することになるため、防水性の高さは商品を選ぶうえで非常に重要なポイント。もし防水性能が低いと、水が中にしみて注文した商品まで濡れてしまうことも考えられます。素材はもちろんジッパーも防水ジッパーになっているアイテムを選ぶと、天気の悪い日に外に出しておく際も安心できます。

3つ目は、押印機能や施錠方法など宅配業者が理解できる製品であるかどうかです。折りたたみ宅配ボックスの中に印鑑を入れておけるタイプであれば、宅配業者に受け取りの押印をまかせて配達が完了します。受け取りの印鑑やサインがないことで結局再配達になるという事態を防げるため、押印機能はチェックしておきましょう。

また、施錠方法があまり複雑だと宅配業者の手間が増えてしまいます。最悪の場合、施錠をしてもらえないまま注文商品をボックスの中に入れて、配達が完了することも考えられます。きちんと施錠をしてもらって安全性を確保するためにも、あまり複雑な施錠方法の宅配ボックスは避けるほうが無難でしょう。

折りたたみ宅配ボックスのデメリットは少ない

折りたたみ宅配ボックスに大きなデメリットはないものの、注意しておくべき点はあります。具体的には、ボックスへ入れてもらえない商品があるということで、とくに冷蔵・冷凍商品は宅配ボックスでの受け渡しをしていないことが多いです。

折りたたみ宅配ボックスの中には、ボックスの中に保冷剤を入れて中の温度を冷たく保てるアイテムもありますが、そもそも冷蔵・冷凍品は宅配ボックスへの配達をしていない宅配業者も存在します。保冷剤を入れられるボックスを買ったのにボックスへ入れてもらえず、対面での受け取りが必要になったという事態が起こる可能性もあるため、宅配ボックスを利用できない商品があるという点は覚えておきましょう。

また、宅配ボックスは1回受け取ると施錠されるので、基本的に1つの商品しか受け取れません。そのため1日のうちに2つ以上荷物が届く場合は、宅配ボックスを複数用意したり対面で受け取ったりする必要があります。

また、防犯面でも完全に盗難がないとは言い切れず、ワイヤーで固定しても宅配ボックスごと盗まれるリスクがあることも理解しておきましょう。とはいえ、最近の折りたたみ宅配ボックスは防犯対策もしっかりされており、雨風に強い素材を利用した耐久性の高いアイテムが一般的になっています。

まとめ

折りたたみ宅配ボックスはマンションやアパート、戸建など住まいの形を問わず簡単に設置できて利便性の高いアイテムです。利用するうえで注意すべき点もありますが、メリットも多く、利用すれば荷物の受け取りが格段に楽になるでしょう。選び方のポイントを参考に、自宅で無理なく使える折りたたみ宅配ボックスを見つけてください。

おすすめの宅配BOX設置業者

商品画像
商品名大阪ガス株式会社株式会社フルタイムシステム日本宅配システム株式會社株式会社ナスタパナソニック株式会社
特徴トラブル時には24時間365日駆けつけてくれる申し込みから最短3週間で導入可能幅広いラインナップを取り揃える専業メーカー受け取りだけでなく、発送もできる1台で入居者ごとの暗証番号を設定できる
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧