マンション・アパートなど集合住宅のオーナー必見!おすすめの宅配ボックス設置業者を厳選して紹介します。

宅配ボックスを設置できなくても安心!意外と知らない荷物の受け取り方

公開日:2022/03/15  最終更新日:2022/04/14


荷物の受け取りに便利な宅配ボックスですが、自宅の都合などでどうしても設置できないこともあるでしょう。そうなると困るのが、通販サイトなどで購入した荷物の受け取り。日中働いていると受け取れる時間が限られるほか、自宅にいても配達業者がきたときに必ず対応できるとは限りません。今回は、自宅以外で荷物を受け取る方法をまとめました。

宅配便営業所留め・郵便局留めで受け取る

自宅でなかなか荷物を受け取れない時に便利なのが、配達業者の営業所留めや郵便局留めを利用すること。とくに職場から自宅への帰り道の間など、住んでいる地域に営業所や郵便局がある場合、気軽に立ち寄れて便利です。

配達業者の営業所留めはヤマト運輸や佐川急便など大手の配送業者で取り扱いがあるため、ほとんどの配送で利用できるほか、商品が発送されたあとでも営業所留めに変更可能となっています。営業所にもよりますが受付時間は21時頃までになっているところが多いので、仕事終わりに受け取りに行く際も問題ない方が多いのではないでしょうか。

営業所留め荷物を引き取る際は身分証明書の提示を求められることがあるため、免許証やマイナンバーカードのほか、印鑑も忘れずに持っていくと安心です。郵便の場合も大手配送業者と同じように局留めを無料で利用できます。配送業者の営業所留めと同様、荷物受け取りの際には身分証明書の提示や印鑑を求められる可能性があるので、忘れずに持参してください。

ちなみにフリマサイトの「メルカリ」は、配送トラブルを防止するため商品の宛先を営業所留めや局留めにする行為が禁止されています。ただし、ゆうゆうメルカリ便の郵便局・コンビニ受け取りを利用した際は局留めが可能になるため、メルカリで局留めを希望する際は、出品者に配送方法をゆうゆうメルカリ便にしてもらうようお願いしてください。

コンビニで受け取る

配送業者の営業所や局留めも、時間の都合上利用できない・近くに営業所がないという方の強い味方になるのが、コンビニでの受け取りです。コンビニは24時間営業なので、時間を気にせずいつでも荷物を受け取れるのが最大のメリットでしょう。

ただし、コンビニなどの店舗受け取りサービスは、利用する配送業者や通販サイトによってそれぞれ異なった特徴を持っている点に注意してください。ヤマト運輸の荷物をコンビニで受け取る際には、事前にクロネコメンバーズへの登録が必要です。ゆうパックの荷物を受け取る場合も、事前にゆうびんIDの登録が必要となるため、コンビニ受け取りを利用する前に手続きを済ませておきましょう。

また各社で受け取れるコンビニが決まっている点にも注意が必要で、たとえば佐川急便の場合ローソンとミニストップのみに対応しています。日本郵便の荷物は、ローソン・ミニストップ・ファミリーマートが対応店舗です。ヤマト運輸は、セブンイレブンやデイリーヤマザキ、ニューデイズなど比較的多くのコンビニ受け取りに対応しています。

商品の保管期間も配送業者によって異なり、ヤマト運輸は受け取り可能日から数えて3日間、日本郵便や佐川急便は店舗納品日から7日間の間に受け取らない場合、商品を返送するとしています。荷物がコンビニに届いた連絡を受け取ったら、なるべく早めに引き取りに行きましょう。

駅や街中の宅配ボックスで受け取る

営業所留めやコンビニ受け取りと異なり、完全に非対面で荷物を受け取れるのが、駅や街中に設置されている宅配ボックスです。この宅配ボックスは、受け取りはもちろん、発送もできて利用可能時間も早朝から深夜までと長時間になっています。

種類としては「はこぽす」と「PUDOステーション」の2つで、ゆうパックや書留を受け取る際は主にはこぽす、ヤマト運輸などの配送業者からの荷物受け取りはPUDOステーションを利用します。はこぽすもPUDOステーションも郵便局や駅などのほか、街中のスーパーや駐車場など利便性の高い場所に設置してあるため、手軽に利用できるでしょう。

はこぽすもPUDOステーションも、納品日から3日以内に商品を受け取らないと荷送人に商品を返送されてしまう点に注意してください。コンビニや営業所で身分証明書の提示をするのに抵抗を感じる一人暮らしの女性などは、街中の宅配ボックスを利用すればタッチパネルの操作だけで荷物の受け取りが完了するため、安心して利用できるでしょう。

まとめ

自宅で荷物を受け取れないときに強い味方となってくれるのが、受け取り荷物の営業所留めや局留めです。ほとんどの場合で、商品の配送後も受け取り方法を変更できるようになっているため、「最初は自宅で受け取ると思っていたけど急遽変更したい」といった要望にも対応可能となっています。

さらにコンビニであれば24時間受け取りできるので、時間を気にすることなく都合のよいタイミングで荷物を引き取れるでしょう。対面での荷物の受け渡しに抵抗があったり、自宅や職場近くに受け取れる営業所やコンビニがなかったりするときは、駅や街中の宅配ボックスを利用するのも便利です。荷物を受け取る方法は自宅以外にもたくさんあるので、自分の受け取りやすい事情にあわせて選んでみてください。

おすすめの宅配BOX設置業者

商品画像
商品名大阪ガス株式会社株式会社フルタイムシステム日本宅配システム株式會社株式会社ナスタパナソニック株式会社
特徴トラブル時には24時間365日駆けつけてくれる申し込みから最短3週間で導入可能幅広いラインナップを取り揃える専業メーカー受け取りだけでなく、発送もできる1台で入居者ごとの暗証番号を設定できる
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧