マンション・アパートなど集合住宅のオーナー必見!おすすめの宅配ボックス設置業者を厳選して紹介します。

オーナー自作!?DIY宅配ボックスの設置はやめた方がいい理由とは?

公開日:2020/05/01  最終更新日:2021/10/19

大阪で宅配ボックスを設置する必要がある場合、購入する方法と自分で作る方法があります。集合住宅の場合は購入したほうが確実ですが、一戸建て住宅の場合は購入せずに自作をする人もいます。DIYでおこなう場合には、お金がかからない点にメリットがありますがその反面さまざまな問題が生じることがあるので紹介します。

 

サイズが合わないことが考えられる

自分で宅配ボックスを作る場合には、自由な形にできる反面サイズをよく考えておかなければいけません。例えば、毎回通信販売を利用して家に届く荷物の大きさが決まっているとすれば、その荷物の大きさに合わせれば問題ないでしょう。

ただしこのときでも、荷物の大きさに合わせてギリギリのスペースを設定してしまうと、扉を閉めたときに扉が閉まらないなどの問題が生じることが考えられます。少しでも小さく作ってしまった場合には、そもそもそのボックス自体を作る意味がなくなってしまうでしょう。それならば、初めから作らないほうが良いと思います。もし毎回届く荷物のサイズが決まっているとすれば、少し余裕を持って設計することが必要です。

次に、いろいろな荷物が届くとき、大きな箱で届くことも考えられる場合にはその大きさにするかどうか迷うところです。例えば、普段は60センチサイズの箱しか届かないのに、ごくまれに90センチサイズの箱が届くことも考えられます。

このような場合、ごくまれに届く90センチサイズの箱の大きさに合わせて宅配ボックスを作るかどうか迷うところです。もし作るとしても、それなりのスペースが必要になるだけでなく、料金もかかってしまいます。大きさと金額に妥協をすることができないならば、そのサイズでも良いかもしれませんが、妥協して小さいものを作る場合にはたまに宅配ボックスに入らないことになります。

最近は、インターネットで商品を購入した場合宅配ボックスに指定することができますが、入りもしない荷物をボックスの中に入れるように指定してしまった場合、配達員を困らせることになりかねません。そのため、対応の仕方が面倒になることも頭に入れておくべきです。

雨風で壊れるようなことがたまにある

DIYで高いボックスを作った場合には、風によって飛ばされる可能性があることも理解しておきましょう。最近は、日本全体で自然災害が増えている傾向にあります。台風が増えることを考えれば、対策を十分に施しておいたほうが良いですが、それに加えて大型の台風が増加している傾向にあるわけです。

そうすると、自宅の宅配ボックスは、強い風によって飛ばされることも考えられるでしょう。台風によって飛ばされたボックスが自分の家の壁や車に激突する分にはまだ良いですが、隣や近所の壁や車に激突し、傷をつけてしまった場合には取り返しがつきません。そのようになる可能性があるならば、初めから作らないほうが良いとも言えます。

もし本格的に作るならば、絶対風が吹いて飛ばされないような頑丈なものを作っておいたほうが良いでしょう。基本的に、表面積が大きいものは風による影響を受けやすいです。そのため、風が当たってもその風が横から逃げていくようなデザインにしておく必要があります。

そしてそもそも、風の強いところにわざわざおこなうことが大事になります。風通しの良いところは、強い風が吹いたときに簡単に吹き飛んでしまうものです。風の力で吹き飛ばなくても、何かものがぶつかったときに壊れてしまいそれが原因で崩れることも考えられるでしょう。

もし、外に宅配ボックスをおきたい場合には、災害のときすぐに家に入れられるものを作るのも重要になります。その間は、ボックスを使わずに済むように必ず家に待機をしているか、そもそも宅配をお願いしないことが重要です。これにより、配達員の負担を避けることができるはずです。

セキュリティーに問題がある場合

自宅の宅配ボックスを使う場合には、セキュリティーのこともよく考えておきたいところです。基本的にセキュリティーが不十分ならば、中の荷物が持っていかれてしまうことが考えられます。特に治安の悪いところは、宅配ボックスごと持っていかれないように注意をしておきましょう。

そのためには、十分なセキュリティーを考えておく必要があります。まず扉を閉めてその扉を開けるには鍵が必要な場合それだけで泥棒が減少するはずです。そうでなければ、監視カメラなどをすぐにつけておきましょう。

 

自宅で宅配ボックスを作る場合は、配達される荷物が入らない位のサイズにしてあることもあるため、そのような場合にはそもそも作らないほうが良いといえます。せっかく作るならば、少し余裕を持った大きさにしておくことが大事です。

次に自作でボックスを作る場合でも、雨風の影響によりボックス自体が壊れてしまうことが考えられます。近所の自動車等を傷つけてしまうと賠償責任になることもあるため、本当に自分で作る必要があるかを自分自身に問いかけましょう。後は、セキュリティーの問題を解決しておくことが必要になります。

おすすめの宅配BOX設置業者

商品画像
商品名大阪ガス株式会社株式会社フルタイムシステム日本宅配システム株式會社株式会社ナスタパナソニック株式会社
特徴トラブル時には24時間365日駆けつけてくれる申し込みから最短3週間で導入可能幅広いラインナップを取り揃える専業メーカー受け取りだけでなく、発送もできる1台で入居者ごとの暗証番号を設定できる
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧